美容鍼

鍼灸師の免許を取得する方法と資格取得後の活躍の仕方

SITEMAP

鍼灸師の資格取得で大きく活躍!専門学校で幅広く学ぼう

鍼灸師の男性

鍼灸師になるためには、鍼灸師養成課程を持つ専門学校などで一定の知識と技術を学び、国家試験に合格する必要があります。3年というほかの専門学校に比べると長い期間で鍼灸に関する知識を学びます。専門学校では鍼灸知識や技術のほか、東洋医学や生理学、心理学や解剖学などの医学知識を学ぶため、学校によっては修了後、医療専門士の称号を得ることも可能です。学ぶ範囲も広く、加えて正確な経穴知識、臨床技術も必要なため、卒業までには多くの努力が必要となるでしょう。しかし、国家資格であるはり師・きゅう資格を取得することにより、専門学校卒業後は、幅広い分野での活躍が期待できることは見逃すことができません。また、国家資格を取得しているということは、仮に就職し定年したあとでも、長く働くことが可能であることを意味しています。超高齢化社会の中で、ますます健康への関心が高まっています。また、高齢化により高齢者の健康維持のための治療なども増えることでしょう。幅広い医学知識を有した鍼灸師の専門家としてのニーズは、今後さらに高まっていく可能性があります。また、そのような鍼灸師以外にも、専門学校では取得できる資格も多くあります。健康に悩む人に貢献する医療の専門家として、広い知識を学べる鍼灸師の学校に通うことを検討してみてはいかがでしょうか。

鍼灸師の免許取得までの流れについて

鍼灸師の魅力は治療法に留まらず、高い将来性にあります。免許を取得することで、独立開業も可能です。統合医療としての認識も世界的に広がりをみせるなど、幅広いニーズの高まりが期待できます。また、鍼灸師になることで体の不調を訴える患者に寄り添い、知識と経験を生かして鍼灸治療で応えることも魅力です。こでは未経験から鍼灸師の免許を取得するまでの流れを確認してみましょう。高校を卒業するなど、大学に入学することができる人であれば、文部科学大臣の認定した学校または厚生労働大臣の認定した養成施設に入学することが認められます。文部科学大臣の認定した学校には、さまざまな医療機関の専門職を育成するためのカリキュラムが組まれているのも特徴です。看護師や作業療法士をはじめ、鍼灸師になるための学校も含まれています。鍼灸師になるには、厚生労働大臣の認定した養成施設で学ぶことも可能です。養成施設とは、技能者などを育成する目的で作られています。鍼灸の知識を学べる専門学校などが、この養成施設に含まれます。受験資格を得るためには、知識および技能を3年以上修得する必要があります。4年制大学で学ぶ場合には4年、専門学校や短期大学では3年が一般的です。3年以上の就学で、基礎医学や専門学を履修することになります。学校を無事に卒業または卒業見込みの人は、毎年2月に実施される「はり師」と「きゅう師」の国家試験を受験することが認められます。日程は同じ日に重なることもあり、両方を同時に受験する場合には、共通科目を一回だけ受験するだけで問題ありません。合格通知を受けてから鍼灸師として活躍するには、それぞれに申請書を提出し、登録されることで正式に認められたことになります。申請書に不備がなければ、約1カ月半で免許証が本人に送られます。

鍼灸は専門性が高い!国家試験の科目

鍼灸師になるために学校ではさまざまなことを学びます。専門学校などの3年制の場合、1年目に医療専門職に不可欠な解剖学の基礎知識を修得し、はり・きゅうの実技も開始されます。2年目になると応用知識として東洋医学臨床論や鍼灸理論など専門分野を学習します。実践的な鍼灸のカリキュラムも始まるでしょう。3年目を迎えると、国家資格の取得に備えた対策と卒業後の進路を検討しなければいけません。演習や実習などの臨床現場で役立つ技術をより実践スタイルで身につけます。さらに詳しく確認すると、学習カリキュラムは大きく5本の柱が立っています。基礎分野、専門基礎分野、専門分野、総合分野とゼミナールに分けられます。基礎分野はさらに細かく人文科学と自然科学、生命科学、外国語や運動科学から構成され、人間の環境に順応するメカニズムを心理学の見地から学びます。専門基礎分野は解剖学や生理学、運動学の他に病理医学概論や臨床医学、リハビリテーションと広く医学の基礎を理解する学習となっています。これらははり・きゅうの役割を学ぶ上でも重要な学習プログラムです。専門分野に含まれるのははりきゅう理論、経路経穴概論、東洋医学概論を主軸とし、歴史や治効理論、経路・経穴に関した学習テーマです。特に経路経穴概論ははりきゅうの根幹を成している部分なのでしっかりと修得しましょう。その他には基礎実技、臨床実技、応用実技に加えて、より実践的な臨床実習も追加されます。臨床実習は患者とのコミュニケーションを図りながら実習することで、より現場に近い体験ができるでしょう。総合学習とゼミナールは、医学の基礎知識と経路経穴に則った集大成で、患者との繋がりなどを含めた高い専門技術を修得するカリキュラムです。

更新記事

本と人形

鍼灸師の免許を持つ強みとは

鍼灸師の免許を取得するには、国家試験に合格しなければいけません。それは人の生命など、国が率先して管理する必要が認められる資格だからです。また高齢化社会に伴い、はり・きゅうの治療法を求める患者数も…

MORE
受け付けの立て札

進路が広がる!鍼灸とあわせて取得しておきたい資格

鍼灸師の資格に加えて取得したいのは柔道整復師の資格でしょう。はりきゅう同様に国家資格である柔道整復師は、スポーツ選手に起こりがちな打撲、捻挫、脱臼および骨折などの各種損傷を施術により改善させる仕…

MORE

ニュース一覧

SITE MAP