美容鍼

鍼灸師の免許を取得する方法と資格取得後の活躍の仕方

SITEMAP

海外免許が必要?外国で鍼灸師として働きたい場合

背中の鍼治療

日本国内で鍼灸師の資格を取得した後に海外に活躍の場を広げたいのであれば、渡航先によっては十分に活躍することができるでしょう。特に、アメリカなどでは日本国内にいるときよりも需要が見込めるはずです。しかし、注意したいポイントもあります。日本国内で取得した鍼灸師の資格がほとんどの国では通用しません。アメリカの場合でも州単位で免許制度を設けていることから、国内の資格を適用させられないのが現状です。他にも免許制度があるのはオーストラリアなどで、日本の資格だけでは難しいでしょう。鍼灸師としての技術は、アメリカなどの方が活発な面もあるほどで、むしろ海外で鍼灸師としての技術を学ぶ日本人も珍しくありません。すぐにでも海外で鍼灸師として活躍したいのであれば、ニュージーランドなど、就労ビザがあれば働き始められるケースもあります。また、日本国籍の船では、国内法が適用されるので、海外を航行中でも国内の資格を生かすことができるでしょう。さまざまな準備をしていても、希望通りに鍼灸師として海外で活躍できるとは限りません。求人情報や働き口に関する紹介など、現地での人脈を築くことが大切です。その意味では、ボランティアなどで自己紹介するチャンスをつかむことも方法といえるでしょう。ボランティアなので無給ということも少なくありません。海外でチャンスやきっかけを得るためには、積極的に行動することがコツです。さらに、本格的に鍼灸師として活躍したいと考えるのであれば、現地の学校に身をおき、より高度な知識や技術を修得する必要があります。

更新記事

本と人形

鍼灸師の免許を持つ強みとは

鍼灸師の免許を取得するには、国家試験に合格しなければいけません。それは人の生命など、国が率先して管理する必要が認められる資格だからです。また高齢化社会に伴い、はり・きゅうの治療法を求める患者数も…

MORE
受け付けの立て札

進路が広がる!鍼灸とあわせて取得しておきたい資格

鍼灸師の資格に加えて取得したいのは柔道整復師の資格でしょう。はりきゅう同様に国家資格である柔道整復師は、スポーツ選手に起こりがちな打撲、捻挫、脱臼および骨折などの各種損傷を施術により改善させる仕…

MORE

ニュース一覧

SITE MAP