美容鍼

鍼灸師の免許を取得する方法と資格取得後の活躍の仕方

SITEMAP

進路が広がる!鍼灸とあわせて取得しておきたい資格

受け付けの立て札

鍼灸師の資格に加えて取得したいのは柔道整復師の資格でしょう。はりきゅう同様に国家資格である柔道整復師は、スポーツ選手に起こりがちな打撲、捻挫、脱臼および骨折などの各種損傷を施術により改善させる仕事などを得意としています。他にはあん摩マッサージ指圧師の資格があると、症状や状況に合わせて何種類もの施術が行えることになるので、患者それぞれに適した治療プランが立てられます。患者の立場になれば、症状に応じて最適な方法を行ってくれるので、追加できる資格があると将来的にも心強いでしょう。しかし、覚えておきたいのはメインになる資格をいくつも選んではいけないことです。幅広く何でもできる人になってしまうと、思わぬことで本業を見失ってしまう可能性があるからです。独自のスタイルを明確に打ち出すことで、相手からは何をしてくれる人なのか認識してもらえます。資格を増やす以上に、今の実績で患者にできることを工夫してみましょう。その後になってから、追加したい資格を検討します。実際の方向性が見えてから、追加したい資格を選んでも遅くはありません。これから鍼灸師を目指すのであれば、はり・きゅうに関する学科のある大学や専門学校などで学ぶことが大切です。特に鍼灸師には医学的な知識に加えて、経路・経穴に関する理解、それ以外にも多岐に渡る高度な知識と技術力が求められます。その意味でも、じっくりと専門的な知識や技術を修得できる学校選びが欠かせません。大学に進学した場合は4年、短大や専門学校などでは3年学び、国家試験を受けることになります。さらに、高度な技術や活躍の幅を広げたいのであれば鍼灸が活発な海外を目指すのも良いでしょう。意外に感じるかもしれませんが、鍼灸の研究が盛んな国としてアメリカは世界からも注目されるほどです。実際に日本からも多くの人が高度な知識と技術を学ぶために渡米しています。鍼灸師としてグローバルな活躍を目指すのであれば、語学や異国文化、コミュニケーション力などの幅広い知識が求められます。まずは日本国内で鍼灸師として経験を積むために、専門的な知識を学ぶことができる学校に入学し、国家資格の取得を目指しましょう。

更新記事

本と人形

鍼灸師の免許を持つ強みとは

鍼灸師の免許を取得するには、国家試験に合格しなければいけません。それは人の生命など、国が率先して管理する必要が認められる資格だからです。また高齢化社会に伴い、はり・きゅうの治療法を求める患者数も…

MORE
受け付けの立て札

進路が広がる!鍼灸とあわせて取得しておきたい資格

鍼灸師の資格に加えて取得したいのは柔道整復師の資格でしょう。はりきゅう同様に国家資格である柔道整復師は、スポーツ選手に起こりがちな打撲、捻挫、脱臼および骨折などの各種損傷を施術により改善させる仕…

MORE

ニュース一覧

SITE MAP